宝石マスターへの道

宝石鑑定士は時間をかけてつくられる

宝石が本物であるのか鑑別作業を行い、価値を判断してグレーディングを行うのが、宝石鑑定士の仕事です。宝石の価値を正しく判断することで、適正な価格での流通や、品質に合った活用が可能になります。 日本では国家資格としての宝石鑑定士は存在していませんが、複数の民間団体による資格の認定が行われ、実際に鑑定を業務としている方は資格を取得している場合が多いです。企業や店舗の独自資格など、昇進などに関わる資格もあります。鑑定士として就職するためには、資格取得が必須なので、専門学校や養成講座などで学び、資格取得を目指します。活躍の場を広く、販売や輸入代理店、加工関連など、採掘現場から消費者に宝石が届けられるまでの間のプロセスに、様々なニーズがあります。どの現場でも、経験を積んでいくことができます。 アメリカやイギリスの宝石学会によって認定が行われている、世界的に通用する資格もあり、資格と共に語学を身につけてスキルアップすることもできます。
ダイヤモンド買取(ジュエリー・宝石)なら【福ちゃん】どこよりも高く買取る自信があります!